<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おもろ体験

今日ちょっとおもしろい、というか人生初といっていいような体験をした。

一限、二限とSSBをこなして、昼休みから業務に入る人がいなかったので
後ろ髪をひかれつつも三限からの集中講義のため泣く泣く代行するのをやめて、
フラっと一人で学食に飯を食いに行きました。

並んでるかなぁと思ったら時間的にちょっとズレたためか、
それほど混んでなく、あっさりと豚カルビ丼を購入。

一番出口よりの円卓が空いてたので、
天気もいいし最高だなぁと思いつつカルビ丼をがっついてました。


そしたら、初対面の外人さんがフラっとやってきて、
「ここいいですか?」
って聞いてきました。

まぁ、もちろん断る理由もないし、一人飯はなかなかにさみしいものなので
快諾し、奇妙な昼飯が始まりました。

セーナカさんという、
スリランカからきている人みたいです。
スリランカの大学で修士までとって、
ドクターから会津大学に来たらしい。

コーエン研で、音声から感情情報を得るといった研究をしているらしい。
なかなかに面白そうな研究ですな。

まだ日本にきて一年ぐらいで、研究室は外人ばっかだし、
コーエンさんの日本語はノーグッドだしw
と言っていた。面白い良い人だった。


そして俺は思った。

日本語上手だなぁと。

全部日本語のみで会話したよ。すげーよ。


俺も日常に不自由のないぐらい英語しゃべれるようになりたいなぁ。

それにしてもなかなか面白い体験だった。
うまく言えないが、こういうのもいいなぁと思った。
外に出てみるのもいいもんだな。集中講義もなかなかおもしろかったし。
明日もあるけど。
せっかくだから、いろいろ経験してみたいものだ。
[PR]
by down-to-mexico | 2009-12-10 23:08 | Comments(2)

歯磨きって奥が深いらしい

銀歯がとれて久方ぶりの歯医者にいきました。
っていうところまでは書いたね。
臆せずM山歯科にお邪魔すればよかった。

で、歯石もとってったら?っていわれてホイホイお願いしますなんて言ってしまったために
(ほんと流されやすいやね)通う羽目に。
型取りと銀歯はめるという二回で済むはずだったのにね。
まぁ、歯石をとるなんて実は人生初体験だったので、
それも貴重な体験ってことで。

で、口の中の細菌やら歯茎やら歯の根っこの状態の検査から始まって、
今日は歯磨き講座を受けた後に、歯石をとってもらいました。


意外と痛いんですね、あれ。
まぁ、あんなに硬くなったものを落とすわけだから、水圧も結構なもんなんだろうけど。

いや、それよりもさ。

口内炎がちょうどできてるんですよ、今。

で、治療中に口の中の水を吸い取る掃除機みたいなバキュームがあるじゃないですか。
あれが口内炎に直で吸い取ってくれちゃいましてね。

くそ痛くて顔をゆがめるんですが、
歯石を取る痛みだと勘違いされたらしく
「痛いですかー、我慢してくださいねー」
いや、そっちは痛いけどそういうもんだと思えるからいいんだけど・・・。

とりあえずまた何回かいかないといけないんですが、
まぁ綺麗な歯を目指して頑張りましょう。

それにしても、歯石がとれるとこんなにも歯と歯の間が気になるもんなんですね。
もうすぐ24年間分の磨ききれなかった汚れがつもってこんなに詰まってたんだなぁ
と思うと感慨深く・・・

なりゃしねぇよ。
[PR]
by down-to-mexico | 2009-12-09 01:33 | Comments(2)

珈琲と蘆薈ヨーグルト

徹夜のお供。
正確には仮眠とってるから徹夜ってわけでもない。


しかしながら何か進んだかときかれればはいばっちりです!!と答えられるわけでもなく。

うーん。どうしよう。


前よりさらに珈琲にハマる。
豆によって香りとか味ってやっぱ結構違うもんなんですね。
ブレンドでない単一豆で淹れたのは初めてなもんで、結構な驚き。
と思うとやはりブルーマウンテンなんてのは結構な香りがするんだろうか。
まぁ、味は好み次第だから、酸味が強いのがいい人もいれば苦みが強いのが好きな人もいるし。
ブルーマウンテンなんてのは松茸みたいなもんなんだろうか。
松茸なんて食ったことないけど。
いや、味もいいのかな?わからんけど。珈琲豆100㌘に1K以上出すのは勇気がいるよね。

珈琲を淹れたり、料理したりはうまいらしい。
社交辞令かもしれないけど。
いいなぁ喫茶店。今さら飲食店とかで働くわけにもいかんけど。
喫茶店でバイトとかしてみればよかったかしらん。

趣味は珈琲淹れと料理と電子工作です!!
入る学校間違えてるとしか思えない。そして話が広がるとも思えない。


よし、眠気が取れた。
[PR]
by down-to-mexico | 2009-12-01 05:14 | Comments(4)