<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

(´A`)

欝チェック★

こんな症状に要注意

・熟睡できない/早朝に目が覚める
・食欲不振
・起床直後にだるさが残るようになる
・なんとなく気が晴れないと訴える
・頭痛、腹痛など身体的不調が2週間以上続き、内科を受診しても異常が見られない。

こうなると確定かも

・物事への関心をなくす(ニュースを見ない。趣味を辞める。好きだったものを急に無視しだす)
・情緒が不安定で突然泣き出したりする。
・仕事や生活行動でケアレスミスが急に増える
・起床直後に死にたいなどという
・アルコールの摂取量が急に増加する


ギリギリ☆
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-29 23:19

あぁッ!!なにしやがるこのヒゲッ!!

友達に貸してたマリオカートDSが帰ってきました。

買って以来初めてまともにやってます。

これってとても性格の出るゲームだったりしますよね。
桃鉄ぐらい。



ナメんなこのトゲガメッ!!
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-29 12:44

寝坊ってレベルじゃねぇぞッ!!

今日は八時に起きても大丈夫な日です。

昨晩バイト明けにも関わらずなんか寝れなくて、
神のフレーズをコピーしてたら面白くてさらに寝れなくなって、
そんでもやっぱ寝なきゃまずいだろ、と思って頑張って寝てみたら。

十一時だったよあははは。

いや、ちゃんと八時に一回起きたんだけどね。起動に失敗したみたいだよ。

まぁ、こんな日もあるさ。なんもかんも忘れて寝ていられたら素敵なんだろうなぁ。
なんかもうダメ人間だなぁ。そろそろいいかなぁ。
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-28 21:57

小麦粉最前線

給料もらったばっかだけど、なんか節約してみようかと思った。
まぁ、最近使いすぎでヤヴァいってだけだけど。

ってなわけで。

e0036457_13503829.jpg



使用材料は小麦粉、キャベツ、葱、鰹節のみ。
調味料としてみりんとか醤油とかソースとかあるけどまぁ、それは置いといて。

総額50円ほどで、りっぱなお好み焼きの味。
駄菓子並の値段だ。これはいいね。続けてみよう。
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-26 13:52

見上げてごらん夜の星を

深夜。

今日の星は一段と素晴らしい。


布団にくるまり見る星の光が、疲れた心と躰を癒してく。


今日こそは素敵な夢が見れそうだ。
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-26 01:47

現実という悪夢

私はよく夢を見ます。
それも色付きで無駄にリアルな夢を。

朝起きて、なんでここにいるんだろう?なんてことはしょっちゅうです。
夢か現実か…区別がつかないほどリアルな夢。

バイトとか学校の夢を見ると欝になります。
起きてさっきまでやっていたことをまたやらなくてはならないのですから。


私が高校生の頃…授業中に居眠りをした時にこんな夢を見ました。

そこでは私は会社員のようで、デスクに山済みになった書類を
必死になって処理していました。
…と、一本の電話が。
私『はい…あ、はいッ!!わかりましたすぐ向かいますッ!!』
と、電話を切るなり課長のデスクへ急ぐ私。

私『あの…課長…』
課長『…わかってる、みなまで言うな。早くいってこいッ!!がんばれよ!!』
私『はいッ!!ありがとうございますッ!!』


身支度も早々に、出口へ走る私。同僚からの祝福の声を背に受け、
エレベーターを使わずに階段を駆け下り、出た所でタクシーを捕まえ、病院へ。
タクシーの中でもソワソワしっぱなしの私。

目的地へ到着し、受付を済ませようとしたところで
運よく顔見知りの看護婦さんに遭遇。
看護婦『こちらです!!早くっ!!急いでっ!!』
防菌服を着せられ、処置室に通される。
そこでは苦痛に耐える妻の姿が。

妻『あなた…』
私『遅くなってごめん…がんばれ!!!』

手を握り、一緒に呼吸をする。

…どれくらいの時間が経っただろうか。
病院中に響きわたるほどの大きな泣き声をあげ、
私の分身が誕生した。

妻『可愛い…』
私『あぁ…俺たちの子だ…。お疲れ様。よく頑張った…ありがとう。』



…と、このあたりでチャイムで起こされ、
その日一日微妙な気分で過ごしたことを覚えています。


……何故こんなことを思い出したのか。それは今朝見た夢がこの夢の続きだったから。


私は相変わらず会社員のようで、日々仕事をこなすのに明け暮れていた。
可愛い我が子は5歳になり、生意気盛りの可愛い盛りだ。

その日も私は我が子の弁当を作っていた。
俵型のおむすび、卵焼き、たこさんウィンナー…etc。
我ながら上出来だ。そろそろ時間もヤバイころ。
幸せそうな天使の寝顔を崩すのは忍びないが、起こさねばなるまい。

朝ごはんを食べさせ、準備をしてやり、幼稚園まで送る私。

私『いってらっしゃい、気をつけてな』
子『パパもいってらっしゃい!!』


幼稚園の先生に挨拶をし、教室に向かっていく我が子の後ろ姿を見送って、
自分の分の弁当を作り忘れたことを後悔しながら、会社へと車を走らせる。

さて、今日の晩飯は何にしようかなぁ…
そんなことを考えながら、赤い光が青になるのを待っていた。


…と、ここで目覚ましに起こされた。



さて、みなさんおお気付きでしょうか?


第一部誕生編で私の分身ともいうべき可愛い我が子を産んでくれたマイワイフが、

一秒たりとも登場しない、ってことに。


どうやら、逃げられたようですね。


夢の中でまで。




結婚相手はいらないけど、子供は欲しい。
どこの独身OLだこの俺は。
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-24 19:20

予定

がないというのは
とても素晴らしいことだと思う。

晴れた昼下がり、
ソファーのようなベッドでパソコンも付けずにコーヒーを啜る。

なんと素晴らしい。
今日はこの後なにもなし。
明日も朝バイトなし。

素敵過ぎ。


一人の時間を大切に。


別に休日一緒に過ごす相手が居ないことの負け惜しみじゃねぇっスよ。
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-23 13:41

とうにゅうテクニック



『う~~ トウフトウフ』

今トウフを求めて全力疾走している僕はI津大学に通う
ごく一般的な男の子
強いて違うところをあげるとすれば料理に興味があるってことかナ-
名前はフラれ屋まころー

そんなわけで帰り道にあるリオンにやってきたのだ

ふと見ると売り場に一個の若い豆腐が置いてあった




e0036457_20453694.jpg






ウホッ!いい男…









そう思っていると突然その男は僕の見ている前で値段を下げ始めたのだ…!




e0036457_20471467.jpg





「買わないか?」











そういえばこのリオンは値下げをすることで有名だった
いい豆腐に弱い僕は誘われるままにホイホイとレジに向かっていってしまったのだ

彼-ちょっとワルっぽい大豆食品で名前を男前豆腐と名乗った

一人暮らしの食卓も居なれてるらしく台所にはいるなり
僕は素裸に向いてしまった


e0036457_2053935.jpg




「よかったのかホイホイ買っちまって 
俺は湯豆腐にしたっておいしい豆腐なんだぜ」










『こんな豆腐初めてだけどいいんです…僕…男前さんみたいな大豆製品好きですから・・・』




e0036457_2056612.jpg


「うれしいこと言ってくれるじゃないの
それじゃあとことん喜ばせてやるからな」






言葉通りに彼はすばらしい食品だった
僕はというと味覚に与えられる快感の波に身をふるわせてもだえていた

『うっ…!!!』

しかし その時予期せぬ出来事が…

『あ 飽きた…』

「ん?もうかい?意外に早いんだな」
『ちがう…実は生で食うんじゃなくて加工したいんです…リオンに行ったのもそのためで…』

「そうか…」

「いいこと思いついた。お前俺をすりつぶして野菜を入れろ」

『えーっ!?すりつぶすんですかァ?』

「男は度胸!何でもためしてみるものさ。きっといい気持ちだぜ」



e0036457_2132645.jpg




「ほら 遠慮しないでつぶしてみろよ」





彼はそういうと素肌にまとった容器を脱ぎ捨て逞しい肌を僕の前につきだした

自分をすりつぶさせるなんてなんて人だろう…
しかし彼の白く引き締まったボディを見ているうちにそんな変態じみたことを
ためしてみたい欲望が……


『それじゃ…やります…』

e0036457_21102041.jpg


『(人参が)は…はいりました……』


「あぁ…つぎはタマネギだ」





『それじゃ焼きます…』

e0036457_2112279.jpg



「いいぞ 腹の中にどんどん(火が)通ってくるのがわかるよ。
 しっかり身をしめとかないとな」

『くぅっ!熱い…!』


この体験は煮物では知ることのない火傷感を僕にもたらした
あまりの激しい痛みに蓋をすると同時僕の利き腕は流し場の水の海の中で
あっけなく冷却されてしまった。

「このぶんだとそうとう油を入れすぎたみたいだな
 腹の中がアツアツだぜ」

「どうしたい?」

『あんまり美味しそうで…こんな料理作ったの初めてだから…』

「だろうな俺も初めてだよ ところで出来上がりの姿を見てくれ
 こいつをどう思う?」



e0036457_2122827.jpg


『すごく…美味そうです…』

「うまそうなのはいいからさ このままじゃおさまりがつかないんだよな」

「こんどは食べる番だろ?」

「いいぞ…よく噛んで(舌が)押しつぶしてきやがる・・・!」

『で…でも…』

「なんだァ?今焼きあがったばかりなのにまた作るってのか?
 料理熱心なんだな」

『ちっちがう…!』

「なにイ?ハンバーグにしたかったァ?
 お前俺をひき肉と間違えてんじゃねぇのか!?」

『しーましェーン!!』



-とこんなわけで僕の初めての豆腐ハンバーグ体験は
 失敗に終わったのでした…


----------------追記---------------------
一緒に作った煮物のほうが明らかに美味そう。ってか美味い。
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-21 21:45

無料餃子

二日連続。消費期限?知るか。焼けば喰える。


さてさて、我らがプリンスK5様よりバトンを頂戴仕りました。
これはこころしてお受けせねばなるまい。

貴公子K5様から見た俺のイメージカラーは
『暗みがかった濃い藍色 ギターの塗装でよくあるやつみたいなの』
だ、そうで。
基本俺は暗褐色系らしい。俺もそう思う。

で、そんなプリンスのイメージカラーは…
もちろん白。純白。乗ってる白馬よりも白。
美白の貴公子。

これ以上いうと消されそうだからやめとこう。


【1】無条件でときめく○○な人

メタルな人。
ロックな人。
ジャズな人。
ポップな人。

わかんねぇって?俺もわからん。
 
【2】無条件で嫌いな○○ 3つ

蟲。
嫌な客。
所構わずイチャつくバカップル。

【3】無条件でお金をかけられるもの 3つ

音楽関連。
料理道具・調味料。
小物。

【4】無条件で好きな○○ 3つ
   したい事(3つ)
好きな○○
ギター
料理
睡眠

したい事
ライブ
一人遠距離ドライブ
目覚めない眠りにつく

【5】無条件でバトンを受け取ってくれそうな人 5人

みんな無条件でバトンを受け取ってくれるだろう…。
そう考えていた時期が俺にもありました。

【6】その5人を色にたとえると
無色。だってまわさねぇもん。
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-21 00:32

冬の夜空

休みの日に課題をやりに学校いくなんて俺にとってはとても珍しい。
けど、そうせざるを得ない現状。でも結構進んだ感じ。
なんかとてもマルチタスクなんで、メモメモ。

プログⅡ・論理回路・Cmap・ライティング・曲作り・アンケート製作・メール。

こんなところかしら。あとは数学とかがチラホラ、か。
まぁ、なんとかなるでしょう。明日休みだと思ってたらバイト入ってたけど。

課題とはまったく関係ないけど、
ちょっと気掛かりだったことが解決した。なんか心が軽くなった感じ。
ちょっとした罪悪感はあるけど。
このまま軽くしていって、そのうち空に旅立ちたいものだね。

空といえば。
冬は星が綺麗だね。今にも降ってきそうな星空だ。
見てるだけで全てを忘れられそうな…心が真っ白になる感じ。
素敵な夜空が見れただけでも、課題をやりにいってよかったと思えた。


なんだ、朝靴紐が切れたわりにはそれなりに良い日だったじゃないか。
[PR]
by down-to-mexico | 2006-11-18 23:23