人気ブログランキング |

たまんねぇな

君の見る夢で もう一度会いたいから
I'm flying ... I'm flying... into your dream



ついこの間卒業ライブをやったと思ったら、
昨日、一昨日卒業ライブ。またこんな時期になりました。

最近めっきり音楽から離れて、ギターも触らない生活をしていたけれど、
久々にバンドをしました。
余裕がなくって不義理を働いてしまったけども。
ごめんなさい。



今年で五度目、院生一年としての卒業ライブ。
後輩が卒業していくのを見るという不思議な立ち位置で参加しました。
まぁ、人によっては不思議でもなんでもねぇけどな。ねぇ、髭の料理長。

自分は卒業生ではないので、あまり自分のバンドには触れませんが。
森ロくんが来なかったのがとても残念。あとで動画を見て悔しがるがいい。
まさかはねがねくんが歌うとは。お前に歌ってほしかったんだよ。まぁ、来年な。

とりあえず楽しかったってことで。多分それだけは伝わったと思います。
心から楽しんで演奏すると、きっとそれは見てる人にも伝わって、
お客さんも楽しんでくれると思います。
演奏技術のない俺には、そういうところだけは手を抜いてはいけないと戒めて。
そんなことが見てる後輩に伝わったらいいなぁとか

思って演奏するわけない。
楽しんでるんだもん、そんな余裕はないよ。
それぐらい見てる人も楽しんでくれてればうれしいなぁ。


結局自分語りしてるよ。いかん。

今年で先輩がいなくなってしまいました。ドクターは除く方向で。
すっげぇさみしい。院生ともなって一年が経ち、
そろそろご隠居(こういうときに絵文字を使いたくなる。下向き矢印)
実務には携わらなくなるから、不安感とかは全くないんだけど。
後輩がきちんとやってくれてるからね。片づけとか、準備とか動かなくても大丈夫みたいなんだもの。
まぁ、元から俺なんぞはいてもいなくても変わらなかったんだろうけども。

しかしながら今の三年生とかは不安を感じてるんじゃないかとは思うけどね。
ちょうど今までの卒業ライブでの俺がそうだったように。

まぁ、だから素直に寂しい。今後のサークル大丈夫かな?って思わなくてすむ分、
卒業して、サークルを抜けていくんだな、ってのがクローズアップされて、
今までよりも余計に寂しい。

少しずつ、気付かないけど、気付かないフリをしているけど、
やっぱり少しずつ歳をとって、いつまでもこのままではいられないんだなぁ、ってのが
肌身に感じられて、切なくて、寂しい。

卒業ってのはそういうものなんだね。
今更ながら、そう思いました。

そしてあれだね、この寂しさは、後輩が卒業っていうのがあるのも大きいのかもしれない。
後輩はみんな後輩で、誰がとくにどうの、ってのはないけども、
やっぱり大学で始めて出来た後輩は、後輩の中で一番後輩歴が長いから、
うまく言語化できない。
ちょうどサークルに入ったときの部長やってた人に対してずっと部長のイメージを持つように、
やっぱり一番「後輩」っていうイメージが強いからね。
そんな彼らが卒業していくってのをみて、
まさかお前は泣かないだろって思ってた奴が号泣してて、
(今思いだしながらちょっと泣きそうになって書いてるよ。
心から、お前を部長に指名してよかったと、
お前が部長やってくれてよかったって本当に思ってるよ。)

あぁ、卒業なんだな、って
なんだかちょっと、センチな気分になりました。
そのせいで若干ポエムってる気がしないでもない。

短大生に関して書こうと思ったけど、実際あまり絡んでないからね。
ここで何か書いても嘘臭くなりそうだからやめとこうかな。
色紙に書いたのがすべて、ではないけどうまくまとめれらないから、
あれがすべてってことにしとこう。
もうちょっと話したりすればよかったな、とは思いました。
みんないい子で、おじさんは娘を見るような気分でした。
いや、そんなに歳離れてねぇけど。
お疲れ様でした。

去年ぴろやすさんとか、グッチが号泣してるの見て、
俺も本当に危なかったんだけど、今年もヤバかった。
俺は来年泣いてしまうかもしれない。泣きながらまとめなんて洒落にもならんぞ。

それぐらい、琴線に触れるものがありました。
企画のさっちゃんもお疲れ様。ゆっくり休んでくれ。

まぁ、卒業ってのはお別れじゃなくて、区切りだからね。
学業を卒してもまた新たな業が降りかかるのさ。なんて。
今生のお別れってわけじゃないから、また会ったり飲んだりしましょう。


卒業式後のサークル飲みには出席できないし、
出席しても言いたいことも言えないし飲みの席で湿っぽくなるのも嫌だしさ。
一応卒業生に向けて、読む人は少ないだろうけど
贈る言葉ということで。


卒業生の皆さま、ご卒業おめでとうございます。
学生生活、お疲れさまでした。
by down-to-mexico | 2010-03-22 21:59
<< 耳が痛かったりした 激しくネタバレを含む >>